頬がたるむのは何故?


頬がたるむ原因は色々ありますが、最も顕著なのが加齢による肌の衰えです。
年齢を重ねることによる肌弾力の低下は、頬のたるみの大きな原因になります。
肌の弾力低下は、そのまま顔のたるみにつながります。
赤ちゃんの肌が瑞々しいのは、真皮層にコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸がたっぷりあるからです。
人は40代になると、赤ちゃんの真皮のヒアルロン酸量の約半分程度になるといわれています。
真皮層にはコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの成分が含まれていますが、加齢によりこれらの成分量は次第に減少し、やがて肌の弾力が失われることになります。
頬がたるむのは紫外線も関与しています。
紫外線が真皮層にまで届くと、繊維芽細胞にダメージを与えることになり、結果、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの生成量を減らすことになります。
頬がたるむのは普段の生活習慣も関係していて、食生活においてたんぱく質やビタミンCなどの栄養素をしっかり摂っていないと線維芽細胞に十分な栄養がいきわたらなくなります。
また睡眠不足も関係していて、睡眠を十分にとっていないと肌のたるみに繋がり、頬のたるみを招くことになります。